先日、友人と安城市内の山羊が飼育されているカフェで有名な『ラ・カーサ』でランチをしました。

私が選んだランチはサラダのランチセット。
その日は夕食も外で約束があった為、ランチのボリュームをおさえておきたいと思いサラダにしたんですが…

お料理が運ばれてきてビックリ

野菜だけでこのボリューム!

ローストビーフやスモークサーモン、エビがサラダの中には隠れています。
(これにパンとスープが付くセットでした)

久しぶりに野菜だけでお腹がいっぱいになりました。

こちらは友人が食べていたランチ
色々な物が少しずつ、女子に嬉しい感じ。

 

 

私は野菜が好きです!

がっ!我が家の子供たちは野菜が嫌いです。

私も野菜が好きっていう感覚よりも、野菜を食べれば肌なんか綺麗になるような気がするから『多めに食べなくてはな~…』なんて思っている所も多々あり(^_^;)

子供の成長には野菜はもちろん大切ですし、沢山食べて欲しいとも思うんですが、私は子供たちに野菜を無理に食べさせようとはあまり思わないんです。

私自身、大人になって自然に野菜が食べたいと思うようになったし、食べたくないものを食べろと言われるのは私は嫌だなぁ…と思ってしまうから
( 一一)

子供って大人が美味しそうに食べてるものを食べたがるから、身近に野菜がある食卓があればそれでいいやと思っています。

そんなずぼらな考えの私も長男が幼い頃、長男の便秘に悩んだ時期がありました。

その時、小児科の先生に子供に野菜を(食物繊維)積極的に摂取させるようにアドバイスを受けたんですが、

食べないんです…これが

こちらが一生懸命野菜を小さく小さく野菜を刻んで料理に加えてみても、お皿から小さい野菜の切れ端を地道に1つ1つ取り出していく息子。
しまいには

『このはっぱたち、おそとにだしておいて…』なんて頼まれる始末…

 

すぐに長男に野菜を食べさせることは諦めました。

だって一生懸命料理して食べてくれないとイライラする!

そして長男には青汁を飲ませることにしました。

様々な会社の青汁を取り寄せ、飲み比べ、子供でもジュース感覚で飲める青汁を探しました。

その中で一番おいしかったのが『すくすくのっぽくん』というメーカーの『こどもフルーツ青汁』
↓こちら
http://kids-aojiru.jp/lp_new_infant/

色は緑なんですが、味はバナナ味、我が家の子供たちはこれは抵抗なく飲めました。

野菜のない食卓の場合はこれを飲ませればよし。
罪悪感なんて感じなくてよし。
と自己満足してました。

その後数年が経過すると自然に長男の便秘も解消し、野菜も食べれる種類のものがでてきました。
(ブロッコリーや人参など)

今では笑い話ですが、当時は必至でした。

野菜を食べながら、
野菜との戦いの日々があったよな~
なんて思い出す今日この頃です。
(^u^)