2019年1月のレッスンは『美味しいスポンジケーキを焼くコツ』からスタートさせていただきたいと思っています
(^^♪

ショートケーキなどにつかわれるジェノワーズとよばれるスポンジケーキ、
焼き上がり6cm以上の高さがあれば美味しいスポンジケーキが焼けている証拠です

 

私は製菓について勉強する前から家庭でよくスポンジケーキに挑戦していたんですが、何回焼いても上手に焼くことができませんでした…

膨らまなかったり、スポンジの中心が陥没したり、オーブンからだしたらシワシワになったり…

『どうしてケーキ屋さんのスポンジはあんなにふわふわなんだろう?』といつも思ってました

 

理由はたっくさんあります!

が、
理由の一つは、少量での生地作りはとても難しいということ…

ケーキ屋さんでスポンジケーキを焼く場合、ウェディングケーキなど特注のケーキの場合を除いて、ケーキ1台分のみのスポンジを作るということはごく稀です

何十台分も一気に焼きあげたりします

スポンジケーキをフワフワにしている主な働きをする材料は『卵』なんですが、この卵の使用量が多ければ多いほど小麦粉を入れて混ぜる時に気泡が潰れにくくフワフワ感は最後まで維持されてオーブンへ運べます

でも家庭ではお菓子作り、一気にそんなにたくさんは作りません

 

1月レッスンではケーキの型1台分の分量でもフワフワにスポンジケーキを焼くコツを詳しく解説させていただきます

お土産はイギリス版ショートケーキを呼ばれている『ビクトリアショート』スポンジケーキに苺ジャムをサンドしクリームを添えて食べるやさしいおやつです

12cmのこちらのケーキのデコレーションをお一人様一台体験して頂き、お土産にお持ち帰り頂きます

 

『大切な人の為に繰り返し作りたくなるお菓子作り』

本年もお菓子教室bake a cake《ケイク》をどうぞよろしくお願い致します
(^u^)

 

~お知らせ~
1月レッスンの残席は1月23日水曜日1名様のみとなります
参加ご希望の生徒様はメールまたはライン@からご連絡下さい
http://bake-ordermadesweets.com/contact/